国際離婚の問題点

どんなに愛し合って結婚しても、愛はいつか冷めてしまうこともあるでしょうし、こんなはずではなかったという問題に直面することもあるでしょう。日本人同士でもある離婚問題ですが、これが国際結婚での離婚となると、また一段と複雑になり、トラブルが大きなものとなるのです。どんな問題点があるのか、ご説明致します。

国際離婚の場合、たとえば夫が日本人で妻が外国人、居住地が日本とします。協議離婚となり、双方納得済みであるから、日本の法律ですとそれで離婚成立で何の問題もないのですが、妻の国では離婚成立していなしという事になります。なぜならば、妻の国では協議離婚が認められていないからです。妻は離婚後、自分の国に帰ったとしても既婚者ということになってしまいます。

このようなトラブルが国際離婚にはつきものなのです。こういった例の他にも、夫が外国人、妻が日本人として外国に居住し、子供も生まれたとしますが、この夫婦が離婚となり、妻が子供を連れて日本に帰国となると「誘拐」になってしまいます。そうなると妻は罪人となるのです。これには「ハーグ条約」が絡まりますので、難しい国際間の問題になります。この他にも国際離婚にトラブルは多いでしょう。うまい解決法が模索されています。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket