国際離婚とは

国際結婚が増えています。昨今では国際交流がさかんですし、海外留学、企業の海外進出等で、外国人と知りあう事も多いでしょう。そうなると、恋愛に発展して結婚というカップルも多くなってきました。これは、とてもおめでたいことなのですが、その反面離婚も増えていまして、言葉の違い、習慣の違いから、様々なトラブルも増え、困っている人は多いのです。

まずは、日本における離婚について、ご説明致しましょう。離婚は3種類あります。お互いが同意して署名するだけの協議離婚、どちらかが納得していない、または何かしらのトラブルがある場合、家庭裁判所で調停を提起する調停離婚、当事者間に離婚合意が成立しない、または相手方に問題ありと考える当事者が家庭裁判所に訴訟を起こす裁判離婚です

しかし、これはあくまでも日本の法律です。相手が外国人となると相手の国の法律も照らし合わせての離婚なので、トラブルになりやすいのです。少々ややこしいことになり、もめる場合が多いでしょうから、このような問題に強い弁護士に相談して解決するのが一番良いようです。やはり、こういうことは第三者の意見が一番良いという事かもしれません。

当サイトはこういった国際離婚のトラブルに関する内容をお届けいたします。国際離婚の問題点、国際離婚に強い弁護士、子供の幸せのためにどうすればよいかについて、分かりやすくご説明致しますので、ご参考になさって下さい。国際離婚のトラブルでお困りの皆様のお役に立てれば、幸いでございます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket