未分類」カテゴリーアーカイブ

子供の幸せのために

Published / by 管理人

どのような形の離婚であっても、一番傷つき、かわいそうなのは、子供です。特に国際離婚となると、トラブルは多いでしょうから、長引く可能性もあります。その間の子供の気持ちを考えてあげなければいけません。へたをしますと、トラウマになり、自分自身は一生結婚したくないとか、恋愛をしたくないなど、ネガティブに考えてしまうようになるかもしれません。そのようにはなってほしくないと思うのが親心でしょうから、弁護士の力を借りて早めに解決しましょう。

国際離婚においても、日本人同士の離婚と同じように子供の福祉を重視します。望ましいのは、双方の協議による離婚ですが、そうはいかないという事も多々あり、トラブルになることがあるのです。その場合、どちらの国の法律を適用するか、どちらの国の裁判所で手続きをすればよいかという子供の親権にも関わる難しい問題が出て来ます。

そのような複雑な問題は子供の心を傷つけないためにも、国際離婚に詳しい弁護士に速やかに相談しましょう。弁護士も人の親である場合が多いでしょうから、相談者の親としての切ない気持ちをわかってくれるはずです。

絶対に子供に言ってはいけない言葉があります。「パパ、ママのどっちと暮らしたい?」というような言葉です。ご自身を選んでくれればうれしいでしょうが、この言葉は子供を傷つけますから、気を付けましょう。子供を気遣うことが子供の幸せのためです。

国際離婚に強い弁護士

Published / by 管理人

国際離婚によるトラブルを解決するにはどうしたら良いか、考えてみましょう。離婚と言えば、弁護士が思い浮かぶでしょう。それは国際離婚においても考えられることです。弁護士の中には国際離婚に強い弁護士がいますから、そういった弁護士に離婚調停を頼むと良いでしょう。インターネット検索でそのような弁護士を探せます。「国際離婚の弁護士」で検索してみて下さい。

検索しますと、いくつかの弁護士事務所が出てくるでしょうから、よくご覧になり、わかりやすそうなHPの事務所(こういった問題に慣れた事務所であれば、HPもわかりやすいでしょう。)でも良いでしょうし、たいていはフリーダイヤルで電話相談ができますので、それをご利用なさっても良いでしょう。話してみるとご自身に合うかどうか、お分かりになるかもしれません。

国際離婚というかなり複雑な問題ですから、相談する弁護士については、慎重に選んだ方が良いでしょう。弁護士によってうまく解決できるかどうか、決まる可能性があります。

良い弁護士を決めて、早めに込み入った問題を解決してもらった方がご自身のためにも、ご家族のためにもなります。国際離婚に詳しい弁護士の力を借り、双方が納得できるように早めにトラブルを解決しましょう

≪参照HP≫小原法律特許事務所|弁護士に国際離婚相談

国際離婚の問題点

Published / by 管理人

どんなに愛し合って結婚しても、愛はいつか冷めてしまうこともあるでしょうし、こんなはずではなかったという問題に直面することもあるでしょう。日本人同士でもある離婚問題ですが、これが国際結婚での離婚となると、また一段と複雑になり、トラブルが大きなものとなるのです。どんな問題点があるのか、ご説明致します。

国際離婚の場合、たとえば夫が日本人で妻が外国人、居住地が日本とします。協議離婚となり、双方納得済みであるから、日本の法律ですとそれで離婚成立で何の問題もないのですが、妻の国では離婚成立していなしという事になります。なぜならば、妻の国では協議離婚が認められていないからです。妻は離婚後、自分の国に帰ったとしても既婚者ということになってしまいます。

このようなトラブルが国際離婚にはつきものなのです。こういった例の他にも、夫が外国人、妻が日本人として外国に居住し、子供も生まれたとしますが、この夫婦が離婚となり、妻が子供を連れて日本に帰国となると「誘拐」になってしまいます。そうなると妻は罪人となるのです。これには「ハーグ条約」が絡まりますので、難しい国際間の問題になります。この他にも国際離婚にトラブルは多いでしょう。うまい解決法が模索されています。

国際離婚とは

Published / by 管理人

国際結婚が増えています。昨今では国際交流がさかんですし、海外留学、企業の海外進出等で、外国人と知りあう事も多いでしょう。そうなると、恋愛に発展して結婚というカップルも多くなってきました。これは、とてもおめでたいことなのですが、その反面離婚も増えていまして、言葉の違い、習慣の違いから、様々なトラブルも増え、困っている人は多いのです。

まずは、日本における離婚について、ご説明致しましょう。離婚は3種類あります。お互いが同意して署名するだけの協議離婚、どちらかが納得していない、または何かしらのトラブルがある場合、家庭裁判所で調停を提起する調停離婚、当事者間に離婚合意が成立しない、または相手方に問題ありと考える当事者が家庭裁判所に訴訟を起こす裁判離婚です

しかし、これはあくまでも日本の法律です。相手が外国人となると相手の国の法律も照らし合わせての離婚なので、トラブルになりやすいのです。少々ややこしいことになり、もめる場合が多いでしょうから、このような問題に強い弁護士に相談して解決するのが一番良いようです。やはり、こういうことは第三者の意見が一番良いという事かもしれません。

当サイトはこういった国際離婚のトラブルに関する内容をお届けいたします。国際離婚の問題点、国際離婚に強い弁護士、子供の幸せのためにどうすればよいかについて、分かりやすくご説明致しますので、ご参考になさって下さい。国際離婚のトラブルでお困りの皆様のお役に立てれば、幸いでございます。